ピアノの引越し、精密機器の引っ越し・移動・輸送〜茨城県:阿部ピアノ運送

 
ピアノ引越しについて
精密機器輸送の御案内
ピアノ引越の御案内
お気軽にお問い合わせ下さい
阿部ピが行くヨ

Main menu:


私たちは
「チーム・マイナス6%」
に賛同しています

 ピアノ調律、クリーニング・オーバーホールの薦め

 
1.ピアノクリーニング

 ピアノ搬出時や、搬入時に、お客様のピアノの状況によっては現在、調律も勿論のことながら、ピアノクリーニングと言いましてピアノのお掃除をお薦めしております。長い間使用していなかったり、ピアノが眠っていた状態や、メンテナンスをしない状態で置いてあったピアノをリフレッシュする作業になります。
 内容は内装についてはホコリ、カビの除去、外装については、艶ありピアノは塗装部分の汚れ落とし艶だし研磨、半艶仕上げピアノは汚れ落とし半艶仕上げになります。金属部分、屋根ロングヒンジ、鍵盤蓋ロングヒンジ、譜面板丁番、錠前、口壺金(鍵穴金属部分)皿木ネジ、真鍮ネジ、メーカー文字、ペダル等の金属部分の錆落とし艶だし作業になります。
 このピアノクリーニングをやることによって見た目の美しさが復活致します。
 ピアノの移動を期にリフレッシュしてはいかがでしょうか?



ピアノクリーニング 【施工前】

.團▲里良縮 ▲撻瀬
全体的にツヤが無く、くすんでいる状態のピアノです。

8鞍 ぅ團▲里領¬
鍵盤は黄ばみが目立ち、裏面にはホコリが蓄積してしまいます。
ゥ船紂璽縫鵐哀團 Ω

 

ピアノクリーニング 【施工後】

.團▲里良縮 ▲撻瀬
ツヤが戻り、ピカピカになりました。
8鞍 ぅ團▲里領¬
小口は変形が無い場合、白塗装になります。  
ゥ船紂璽縫鵐哀團 Ω
サビを落とし、隅々まで手作業で磨き上げます。
詳しいお問い合せはこちらをクリック


2.調律
 調律は、お客さまのピアノの状態によりけりになります。例えば久々にピアノを弾いたときに、以前自分が弾いているものとは違うと感じたことはありませんか?多くの鍵盤を触ったせいで、鍵盤の重さが違っているにもかかわらず、こんなものだろうと妥協や諦めはありませんか?長い間、調律や調整が行なわれていないピアノには湿気が原因で鍵盤が重くなっている場合があります。こうしたタッチ感の問題は部品や音の調整で、ある程度解消出来るので是非相談してください。また、ピアノを弾いたときに鍵盤の戻りがゆっくりになったり、下がったままになっていませんか?これもまた主な原因と考えられているのが湿気です。ピアノの部品の多くは木で出来ている為に湿気を含みやすく、極端に湿気を含むと部品が曲がりや縮みなど変形も考えられ動きが悪くなる場合があります。
それとは別に金属部分が錆びていたり、鍵盤の下に何かが挟まったりしても鍵盤の動きが悪くなることがあります。鍵盤のタッチ感や音色などは、調律、調整ですることによって解消されます。


詳しいお問い合せはこちらをクリック

3.オーバーホール

ピアノオーバーホール 【施工前】

.團▲里良縮
全体的にツヤが無くなっています。
▲團▲里瞭睫姪
ホコリが蓄積し、ダンパーも激しい状態です。

塗装面の割れも目立ちます。

   

ピアノオーバーホール 【施工後】

.團▲里良縮
全塗装
▲團▲里瞭睫姪
鉄骨塗り 弦交換
チューニングピン交換 ペダル磨き
   

※ピアノの機種により、仕上がりに違いが出る場合があります。

 又、機種によりましては、施工をお断りさせて頂く場合も

 ありますので、予めご了承下さい。

詳しいお問い合せはこちらをクリック